Menu

クリスマスローズ原種

Home

クリスマスローズ原種

クリスマスローズ名前の由来

クリスマスローズは、Ranunculaceae(ラナンキュラス)つまりキンポウゲ科Helleborus(ヘレボルス)属の多年生草本(宿根草)です。
ヨーロッパではクリスマスローズと言うとヘレボルス・ニゲルを指し、開花がクリスマスの時期と重なり花をバラに見立てた事からその名が付いたとされています。
日本国内ではそのネーミングの愛らしさから、ヘレボルス属に該当する全ての種を“クリスマスローズ”と呼んでいます。

クリスマスローズ(ヘレボルス)原種の分布

クリスマスローズ(ヘレボルス)の原種は亜種亜節を含め約25種から構成されています。
種によって自生分布は様々ですが、ヨーロッパ全域から西アジアに広く分布、ヨーロッパから遠く隔離された中国の四川省や甘粛省に分布しています。

クリスマスローズ原種の育て方(PDF)

クリスマスローズ原種の育て方

クリスマスローズ原種の育て方は左の画像(PDF)をクリックするとご覧頂けます。
※PDFファイルの閲覧にはAdobe Readerが必要です(無料)。

≫ Adobe Readerのダウンロードはこちら

クリスマスローズ原種 検索図鑑

クリスマスローズ原種 検索図鑑

クリスマスローズ(ヘレボルス)の種類

Helleborus niger ニゲル 有茎種

Helleborus niger ニゲル 有茎種

【原生地】イタリア・ドイツ・スイス・オーストリア・スロベニア・クロアチアなど
【花色】白(咲進むにつれ赤に染まる個体もある)
【草丈】20~40㎝
【性質】弱アルカリ土壌(PH6.5)を好む
※ガーデン植栽向き

Helleborus vesicarius ベシカリウス 有茎種

Helleborus vesicarius ベシカリウス 有茎種

【原生地】トルコ・シリア
【花色】つぼ型の花で緑に帯状の海老茶
【草丈】40~60㎝
【性質】乾燥を好む 過湿に注意
※ガーデン植栽向き

Helleborus argutifolius アーグチフォリウス 有茎種

Helleborus argutifolius アーグチフォリウス 有茎種

【原生地】フランス(コルシカ島)イタリア(サルデーニャ島)
【花色】黄緑~緑
【草丈】40~120㎝
【性質】陽光性・乾燥を好む 過湿に注意
※ガーデン植栽向き

Helleborus foetidus フェチダス 有茎種

Helleborus foetidus フェチダス 有茎種

【原生地】イギリス・スペイン・ポルトガル・ドイツ・フランス・イタリア・スイスなど
【花色】緑 花弁の先端に紅の覆.輪が入るものもある
【草丈】40~80㎝
【性質】陽光性・乾燥を好む 過湿に注意
※ガーデン植栽向き

Helleborus lividus リビダス 有茎種

Helleborus lividus リビダス 有茎種

【原生地】スペイン(マジョルカ島)
【花色】あずき~緑
【草丈】20~50cm
【性質】陽光性・乾燥を好む 耐寒性に欠ける
※鉢植え向き

Helleborus dumetorum デュメトルム 無茎種

Helleborus dumetorum デュメトルム 無茎種

【原生地】ハンガリー・オーストリア・スロベニア・クロアチア・ルーマニア・セルビアなど
【花色】緑
【草丈】15~35cm
【性質】芽分岐が活発 弱アルカリ土壌を好む
※鉢・庭植え向き

Helleborus croaticus クロアチカス 無茎種

Helleborus croaticus クロアチカス 無茎種

【原生地】クロアチア
【花色】緑~暗紫 複色(バイカラー)
【草丈】15~30cm
【性質】弱アルカリ土壌を好む
※鉢・庭植え向き

Helleborus atrorubens アトロルーベンス 無茎種

Helleborus atrorubens アトロルーベンス 無茎種

【原生地】スロベニア・クロアチア
【花色】緑~暗紫 複色(バイカラー)
【草丈】20~45cm
【性質】弱アルカリ土壌を好む
※鉢・庭植え向き

Helleborus occidentalis オキシデンタリス 無茎種

Helleborus occidentalis オキシデンタリス 無茎種

【原生地】ドイツ・フランス・ベルギー・スペインなど
【花色】透明感のある緑
【草丈】30~45cm
【性質】弱アルカリ土壌を好む強健種
※鉢・庭植え向き

Helleborus orientalis sp.orientalis オリエンタリス 無茎種

Helleborus orientalis sp.orientalis オリエンタリス 無茎種

【原生地】トルコ
【花色】淡黄~桃色で複色花、スポットの入るものもある
【草丈】35~50cm
【性質】強健種
※鉢・庭植え向き

Helleborus orientalis sp.abchasicus アブチャシクス 無茎種

Helleborus orientalis sp.abchasicus アブチャシクス 無茎種

【原生地】グルジア
【花色】桃~紫
【草丈】35~50cm
【性質】強健種
※鉢・庭植え向き

Helleborus orientalis sp.guttatus グッタ―タス 無茎種

Helleborus orientalis sp.guttatus グッタ―タス 無茎種

【原生地】ウクライナ
【花色】白~薄黄で花弁の基部に細かいスポットあり
【草丈】35~50cm
【性質】強健種
※鉢・庭植え向き

Helleborus odorus オドルス 無茎種

Helleborus odorus オドルス 無茎種

【原生地】ハンガリー・スロベニア・ボスニア・ヘルツェゴヴィナなど
【花色】黄緑~緑
【草丈】20~45cm
【性質】強健種
※鉢・庭植え向き

Helleborus cyclophyllus シクロフィルス 無茎種

Helleborus cyclophyllus シクロフィルス 無茎種

【原生地】ギリシャ・マケドニア
【花色】黄緑~緑
【草丈】30~50cm
【性質】弱アルカリ土壌を好む
※鉢・庭植え向き

Helleborus purpurascens プルプラスケンス 無茎種

Helleborus purpurascens プルプラスケンス 無茎種

【原生地】ハンガリー・ポーランド・ウクライナなど
【花色】青~紫で複色花あり
【草丈】25~40cm
【性質】弱アルカリ土壌を好む
※鉢・庭植え向き

Helleborus viridis ヴィリディス 無茎種

Helleborus viridis ヴィリディス 無茎種

【原生地】イタリア・スイス・フランス
【花色】薄緑~緑
【草丈】30~40cm
【性質】強健種 弱アルカリ土壌を好む
※鉢・庭植え向き

Helleborus multifidus sp. multifidus ムルチフィダス 無茎種

Helleborus multifidus sp. multifidus ムルチフィダス 無茎種

【原生地】スロベニア・クロアチア
【花色】緑
【草丈】25~40cm
【性質】強健種 弱アルカリ土壌を好む
※鉢・庭植え向き

Helleborus multifidus sp. hercegovinus ヘルツェゴヴィヌス 無茎種

Helleborus multifidus sp. hercegovinus ヘルツェゴヴィヌス 無茎種

【原生地】ボスニア・ヘルツェゴヴィナ
【花色】緑
【草丈】25~45cm
【性質】葉の亀裂が極端に多い 弱アルカリ土壌を好む
※鉢・庭植え向き

Helleborus multifidus sp.istriacus イストリアクス 無茎種

Helleborus multifidus sp.istriacus イストリアクス 無茎種

【原生地】イタリア・スロベニア
【花色】緑
【草丈】25~45cm
【性質】芳香性個体あり 弱アルカリ土壌を好む
※鉢・庭植え向き

Helleborus bocconei ボッコネイ 無茎種

Helleborus bocconei ボッコネイ 無茎種

【原生地】イタリア(トスカーナ及びシチリア島)
【花色】黄緑
【草丈】30~50cm
【性質】芳香性種 強健種 弱アルカリ土壌を好む
※鉢・庭植え向き

Helleborus liguricus リグリクス 無茎種

Helleborus ligricus リグリクス 無茎種

【原生地】イタリア
【花色】黄緑~緑
【草丈】25~40cm
【性質】芳香性種 強健種 弱アルカリ土壌を好む
※鉢・庭植え向き

Helleborus torquatus トルカ―タス 無茎種

Helleborus torquatus トルカ―タス 無茎種

【原生地】ボスニア・ヘルツェゴヴィナ・クロアチア・モンテネグロ・セルビア
【花色】緑~暗紫 リバーシブルやベイン個体も存在
【草丈】30~45cm
【性質】生育緩慢 弱アルカリ土壌を好む
※鉢・庭植え向き

Helleborus serbicum セルビカム 無茎種

Helleborus serbicum セルビカム 無茎種

【原生地】セルビア・モンテネグロ
【花色】緑~暗紫 リバーシブルやベイン個体も存在
【草丈】30~45cm
【性質】生育緩慢 弱アルカリ土壌を好む
※鉢・庭植え向き

Helleborus abruzzicus アブルジクス 無茎種

Helleborus abruzzicus アブルジクス 無茎種

【原生地】イタリア
【花色】緑
【草丈】40~50cm
【性質】強健種 弱アルカリ土壌を好む
※鉢・庭植え向き

Helleborus thibetanus チベタヌス 無茎種

Helleborus thibetanus チベタヌス 無茎種

【原生地】中国(甘粛省・四川省)
【花色】薄桃色 花弁にベインが入る個体あり
【草丈】30~60cm
【性質】生育緩慢 潤湿な環境を好む
※鉢・庭植え向き

原種の個体変異

  H.lividusの総散斑

  H.lividusのゴールドリーフ

  H.odorusの総散斑

全ての個体に共通して現れる“個体変異”や“突然変異”についてお話します。クリスマスローズはもちろん、どんな植物にも出現する現象で、たとえば斑入種・アルビノ・染色体異常による形状変化などです。どれをとっても観賞価値に優れるかどうかは別問題として、植物マニアには収集の対象になる希少な個体という事になります。とりわけ観賞価値の高い斑入りの個体を紹介いたします。 個体変異とは異なりますが、原種を栽培する上で認識しなくてはならない事として、個体差があげられます。花の形状や花色の変化、葉の形状などもこの個体差になります。それらの個体差を見極める事で楽しみ方がさらに増す事でしょう。